ボーイの仕事は接客業!基本的なマナーを学べる

世の中に接客業は数あれど、キャバクラのボーイ以上に礼儀やマナーを身につけられる接客業は他にありません。
なぜならばキャバクラは、他に類を見ない特殊な接客業だからです。
キャバクラでは、お客さんにお出しするお酒やフードに、暴利ともいえる高額な値付けをして提供しています。

本来なら誰も納得しないはずのその金額がまかり通っているのには、歴とした理由があります。
キャバクラが本当に提供しているものは、お酒やフードではなく、サービスそのものを売り物にしているからです。
つまりキャバクラは接客そのものを売る、究極の接客業といえます。

敬語をきちんと使い分けることができるようになる

「接客」を売り物にし、お客さんに心から満足していただくためには、ひとかけらでも失礼があってはいけません。
そのため言葉遣いや立ち居振る舞いに関しては、かなり厳しく教育されることになるのです。
またお客さんに対してだけでなく、先輩のボーイや店長に対しても敬語で話す必要があります。

ともすると忘れられがちですが、元々ナイトワーク業界は体育会系も真っ青になる程の強烈な縦社会です。
上司からの命令には絶対服従。
失礼な口の利き方など持っての外という世界です。
そうした厳しい環境でお仕事をしていれば、尊敬語と謙譲語、丁寧語を正しく使い分けられるようになります。

こうした敬語の使い分けは、大企業の社員でもよく間違える程難しいものですが、ボーイであれば身についていて当然のスキルです。
また正しい言葉遣いを身につけておくことは、これからの人生においても大変有益なことといえます。

働きながらお酒のマナーが自然と身につく

キャバクラで身につく礼儀作法は、正しい言葉遣いだけではありません。
最近では習得することが難しくなってしまった、お酒の席での作法も身につけられるのです。
例えばお客さんにお出しするお酒のグラスに水滴が付いていたら、必ず拭き取るといった基本的なことから、お酒を作るときのマドラーの使い方といった、少しマニアックなものまで、全てを習得することができます。

また1本でも吸い殻が捨てられたり、少しでも氷が減っていたら、すぐに灰皿やペールを交換するといった、お客さんがリラックスして会話を楽しむために不可欠な心遣いまで身についてしまうのです。
世界中のどこを探しても、お給料をもらいながら、実践的な礼儀作法を身につけられる職場は、キャバクラ以外にないと断言できます。