女性に囲まれた職場で働くボーイがキャバ嬢から得られるコト

キャバクラのボーイといえば、仕事内容がきついことで有名です。
その上夜遅くまで働かなくてはいけないので、昼夜逆転の生活になってしまい、体調を崩したり精神的に参ってしまうこともある、余りいいところのないお仕事だという印象をお持ちではないでしょうか。
残念ながらそのイメージは大間違いです。

たしかにボーイのお仕事には、そういった負の側面があることは否めません。
しかしそういった悪い面を補って余りあるメリットが沢山あります。
ボーイとして働いていれば、ほかの仕事では得られないことが目白押しです。
この記事では、キャバ嬢と接することで得られるメリットについてご紹介します。

毎日接していると自然と上手に!『女性の扱い方』


画像引用元:https://www.hachi8.me/zettaini-tukiatteha-naranai/

当たり前の話ですが、キャバクラには大勢のキャバ嬢が勤めています。
つまり、常にたくさんの女性に囲まれている環境で働くことになるのです。
これは他の職場ではあり得ないかなり特殊な状況といえるでしょう。

こういった環境に身を置いていると、たとえ女性が苦手な人であったとしても、女性の扱い方が自然に身についてしまうのです。
女性の扱いが苦手な人のほとんどは、人生の中で女性と接する機会が少なかった人に多い傾向といってもいいでしょう。
女性とのコミュニケーションが欠如しており、圧倒的に経験が足りないだけと言い換えてもいいかもしれません。

こうした経験不足を解消する1番の方法は、とにかく女性と接する機会を増やすことです。
その点キャバクラに勤めていれば、どれだけ嫌がってもキャバ嬢とコミュニケーションを取らなくてはいけませんので、最初の内は要領が掴めなかったとしても、出勤しているだけで場数を踏めるので、女性に対する免疫がグングンついてきます。
キャバクラは「女性とのコミュニケーションに慣れる」にはうってつけの職場というです。

キャバ嬢から相談事を聞くうちに!『求めている言葉』


画像引用元:http://howcollect.jp/article/7730

また、ボーイはキャバ嬢から相談を持ちかけられることや、ストレス解消のための愚痴に付き合わされることが多い職業です。
しかし女性からの相談に上手く乗ってあげたり、悩みを解消するお手伝いをすることは結構難しく、得意な人は余りいないように思います。
女性が話したがる相談事や愚痴は、かなり強烈なものや重い内容も多いので、「正直どう対処して良いのかすらわからない」という人の方が多いのではないでしょうか。

しかし安心してください。
キャバクラにボーイとして勤めていれば、自然と上手く捌ける「聞き上手」になれてしまいます。
キャバ嬢のメンタルケアはボーイの大切なお仕事の1つです。
望むと望まざるとに関わらず、たくさんの経験を積むことができるでしょう。
何人ものキャバ嬢から、事あるごとに相談事を持ちかけられていれば、自然と相手が何を求めて話しかけて来ているのかを理解できるようになります。

基本的に悩み事というものは、悩んでいる本人にしか解決できないものですが、相手に共感することで吐き出すお手伝いをすることはできるのです。
たくさんのキャバ嬢の話し相手になっていれば、相手がどんな言葉で共感されたがっているのかが、手に取るようにわかるようになり、聞き上手な頼れる男になれるかもしれません。

100年の恋も冷める『女性の裏の顔』

キャバ嬢と接することで得られるメリットの中で、最も得難いものといえば「女性の裏の顔を体感できる」という点です。
裏の顔というよりは、「本来の素顔」といった方が正しいかもしれません。
女性は基本的にその場の空気に合わせて、「男性から求められている自分」を演出している人が多く、その女性の本当の顔を見抜ける男性は少ないです。

その演出に惑わされてしまった男性が、本来なら望まぬ女性と結婚してしまい、数年後に大変な後悔をしていることも珍しくはありません。
しかしボーイとして働いていれば、女性の裏表を嫌という程間近で観察することができるので、そういった間違いを犯すことがなくなります。
むしろ裏表を見過ぎてしまったせいで、女性不信に陥ってしまうボーイもいるくらいです。

キャバ嬢がお客さんの接客をしているときの姿は、全て演出の塊です。
可愛らしいと感じる仕草や喋り方、男心をくすぐる会話の内容、その笑顔に至るまで、全てが嘘の姿といっても過言ではありません。
どれだけ言葉で伝えようとしても、その実態を見るまでは到底信じられないかもしれません。

是非ともボーイになって女性の本性を知りましょう。
女性の本当の姿を理解できれば、自分が女性に対して妄想のような夢を抱いていたことに気付けます。
そうすれば、本当に愛情を持って接することができる「人生のパートナー」とも呼べる伴侶を見るけることができるでしょう。